大阪市中央区で女性支持率NO.1!痛くない整体で身体の歪みを整えて症状の根本改善を目指します!

光寿治療院


自律神経と女性ホルモン

今日は妊娠しやすいカラダにするための生活習慣をお伝えしようと思います。

その前に自律神経と女性ホルモンの切っても切れない関係のお話です♡
何となく分かっていただいておいた方が良いと思いますので書いておきますね!

自律神経と女性ホルモンの密接な関係


自律神経は、健康でいるため、妊娠するためには、女性にとってはとても大事なものです。
そもそも自律神経とは自分の意志に関係なく働きます。

例えば、暑いと汗をかく。食べると唾液をだす。 夜になったら眠たくなる。
私たちが生きていく上で、日常生活を送るために非常に大切な役割をしています。


そして、自律神経には、交感神経副交感神経があります。

 
交感神経は、集中力を必要とした時に働きます。
この時、身体は筋肉が緊張し、血管も収縮しています。

副交感神経は、身体を休める時、食事、排泄などで働きます。
この時、身体は筋肉が弛緩し、血管も拡張します。


交感神経と副交感神経は相反する作用があり、絶妙のバランスで日常生活のオンオフの切り替えを行う神経なのです。


ただ自律神経は、ストレスや不規則な生活ですぐに乱れてしまいます。


不眠症などは、交感神経が優位になった状態です。
反対に、うつは副交感神経が優位になった状態です。


自律神経がうまく働かないと、頭痛、肩こり、動悸、耳鳴り、不安感増大など身体のあちこちに不調な所がでてきます。

 

ではこんな大事な自律神経の司令塔はどこなのかというと、女性ホルモンと同じ脳の視床下部なんです。

 

なので脳の視床下部はホルモン分泌の指令を出すだけでなく、ホルモン量の情報を受け取りフィードバックする機能もあるのです。


そのため、女性ホルモンの分泌が乱れると、自律神経もそれに影響されてバランスがくずれてしまうのです。


自律神経と女性ホルモンってとっても密接な関係なんです。

どちらかが調子を崩すと、影響をうけてしまう。
まさに切っても切れない関係なんですね。

そして、どちらも共通するのが、ストレスに弱い”ということです。

mark_ninpu.png
 

女性が妊娠しやすいのは、副交感神経が優位な状態の時です。


まずはカラダの緊張をとって自律神経が正常に働き女性ホルモンが正常に働ける状態を作ってあげることです。

整体ではその状態を作るように整えていきます。

光寿治療院のご案内

住      所:

〒540-0012
大阪市中央区谷町2-3-7
クローバーハイツ大手前403

アクセス:

大阪市営地下鉄 谷町線
「谷町四丁目」駅
1-A出口から徒歩2分

お問い合わせ・ご予約
06-6941-5129
営業時間:
月~金 9:00~20:00
   土      9:00~17:00
休業日:

日曜・祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ